spacer







1.D-Byforの領収証発行機能
  • 2006年4月より、医療機関に対して診療内容明細付き領収書の発行が義務づけられました。

  • D-Byforはレセプト発行機能を持つソフトですが、レセプトを手書きで作成している医院で、領収書や諸文書発行専用ソフトとして利用することも可能です。Windowsパソコンに対応しています。

  • D-Byforでは入力した保険点数に応じて当日の領収書を発行します。入力は非常に簡単で、誰でも簡単に  明細付き領収書を作成・発行できます。

以下に、D-Byforを使った領収書発行手順をご紹介します。


@患者さんを呼び出し、その患者さんの当日診療画面(カルテ入力画面)を呼び出します。




A当日の診療内容にしたがって保険点数を入力していきます。およその診療項目ごとにパネルが準備されていますので、すばやく簡単に入力できます。




B当日の保険点数を入力し終わったら領収書発行ボタンを押します。






C保険点数と負担割合を元に当日の会計分が計算されます。
患者さんからの領収額を入力し、領収書発行ボタンを押します。





D明細付き領収書が発行されます。
B5用紙に印刷されますので、切り離してお客さんに渡します。





Eその他の標準的機能

  • 自費項目、歯ブラシなどの小物販売についても領収書の発行が可能です。
  • 未収金がある場合は、未収金が印字され、次回の会計時に請求額に加算されて処理されます。